松本かつひろオフィシャルホームページ

DIARY

2018.01.01 謹賀新年

ダイアリー

あけましておめでとうございます。

 

近年の僕の人生で大きな変化を遂げたであろう2017年が終わりました。

 

さて、今年2018年をどうするか。
ワクワクしますね。

 

どうするも、こうするも自分次第。
目標は3つあります。

 

ひとつはアルバムの製作。
もうひとつは前回代官山で行ったような規模のワンマンライブの開催。
最後は、映画のエンドロールに曲を起用してもらうこと。

 

どうなるかな?叶うかな?
叶うかなと言うよりは、叶うように頑張らなきゃですね。

 

でもこういう事を言ってて、ふと気づいた事がありました。
それは自分の事ばかりに目がいってるなぁ、ってこと。

 

つまり、頑張ります!も、こうします!も、ああします!も。
全て自分主体で、その都度周りにいてくれる人たちの優しさや愛情の恩恵まで、
気が回ってなかったなと今更思ったんです。本当に今更。。

 

それだけ自分に正直に向き合おうとした結果からそうなったんだとは思うけど。
それじゃ、ダメですね。

 

嫌な事も、嬉しい事も、同等に平等に感じ、与えられると思うから、
なおさら今年はもっと愛情を持って日々を粛々と過ごしていきたいと思います。

 

そして、何より、ひとつの大きな飛躍を遂げる年にもしたいと思います。

 

みなさん、どうぞ本年も「松本かつひろ」をよろしくお願い致します!

 

 

 

 

2017.7.5 人間ドック

ダイアリー

先日、かなり数年ぶりに人間ドックにいってきた。

結果はまだ完璧には出てないけど、
いわゆる余命いくばくか、、なんて大病の類はなさそうだったので一安心。

そうはいっても健康体ではなく、
しばらくお薬を飲みながら、食事制限やお酒も控える生活になりそうだ。

そんな体調の影響はライブにも如実に反映するようで、
先日のライブでは久しぶりに色々と思い通りにならないこと多々。

きたる8月からのツアーもあるし、
ここは体調を万全にしておく必要はある。

ゆーても今年で43歳。
りっぱなオッさん。

みなさんにご心配かけないよう、
がんばります!

 

IMG_9193

 

 

 

2017.6.12 日本武道館

ダイアリー

我ながら田舎もん丸出しな事ばかり言ってしまうけども、
先日生まれて初めて「日本武道館」に行ってきた。

 

そう!STINGの日本公演!!では無く。。
中学生の頃から聴いていた「Theピーズ」という大好きなバンドのライブ。

 

この度、バンド結成30周年にして初の武道館ライブ!ということで、
俺にとっては武道館も初めてなら、Theピーズも初めて生で見れる聴ける!
となれば行くしかないでしょ!!と即予約。
チケットは公演前日にはソールドアウトしていた、、スゲー!!

 

結果から言えば、めっちゃいいライブだったし、
なんだか、泣けてしまった。
「あ~、俺、このバンドが本当に好きなんだなぁ~。。」
ってしみじみ感じ、終始不思議な感覚。

 

なんて言えばいいんだろう。
単純に夢を与えてくれた、という感じ。

 

考えてみたら、こうしてメジャー、インディー問わず、
自ら大規模なコンサートに足を運ぶというのは、
今まであまりした事もなかった。

 

その理由は、単純に興味がなかった。
ってことだとも言える。けど。
その反面、そんなステージに立てない自分がどこか惨めだったし、
そんなステージに立てる人が羨ましかった。

 

だから見たくなかった、足を運ばなかった、という事だと思う。

 

日本武道館は永ちゃんや松田聖子や、いろ〜んな人がライブをしているし、
なんなら昨今のアイドルさんやアニソンさんの類の方々は熱狂的なファンの方も多いだろうから、
日本武道館でライブする!という事自体、
誤解を恐れずに言えば、ジャンルや環境によっては、さほど難しい事ではないように捉えられてる、
というふうに僕は見える。

 

もちろん、この感覚はその人それぞれに違った認識はあるとおもうけど。

 

でもね。
実力もあって、努力もしてきて、みんなが認める最高にかっこいいバンドが、
30周年にして初めて立つ日本武道館というステージは一体どんな気持ちだったんだろう。。
って、本当に思うし。

 

というか、その瞬間を目の当たりに出来た事にすごく満足している。
すごく、嬉しそうだったんだよなぁ。。メンバーが。
もう、めっちゃいいおっさんなのに、子供みたいに喜んでた。

 

その姿をみて、満席の武道館のお客さんが笑ってた。
なんて素敵なバンドなんだろう。
そう、おもっちゃうよね。

 

今の俺が、出会うそういった出来事や、出会う人々は、
これからの俺をきっと豊かにしてくれると思ってる。

 

今までの自分を否定するわけではない。
でも、反省はしている。

 

きっと、たくさん、間違った事をしてきたと思ってる。
それを、都合よく、違う街に来たから、環境を変えたから、
といって変化や進化するとは思っていない。

 

自分自身、そうそう容易く変われるとも思ってないし、
俺の周りにいる人、俺を知っている人たちだって、
そう簡単に俺という人間に対する印象や接し方も変わるわけはないだろうし。

 

だから、前を向いて、進むだけ。
ブレるのは、きっと目標がないから。

 

目標を立てても、ブレてしまうのなら、
そのブレがおさまるまで休ませればいい。

 

そろそろ俺も、次の目標が決まった。

 

遠い先の目標では無く、
近い先のやるべき未来。

 

いつか誰かに言われた、
「人生はハッピーであるべきだ!って言うってことは、
その人は今現在ハッピーではないってことでしょう?
だから、あるべきだ!って言い聞かせてるんでしょう?」って。

 

そうです。

 

幸せに満たされている人は「ハッピーであるべきだ!」とは思わないと思う。
でも、俺が歌う「人生はハッピーであるべきだ」という言葉は、
今が幸せだ、とか、幸せじゃない、とかではない。

 

自分にとって、「ハッピー」とはなんだろう?
それをいつまでもいつまでも探し求めていきたい!と思って歌ってる。

 

少なくとも、誰かに向けてハッピーになりますように!なんて微塵も思ってない。

 

俺は俺のために歌うし。
それを聞く人も、自分のために聞けばいい。

 

音楽はそうあるべきだし、
俺はそう思ってる。

 

あ、う~~む、めっちゃ纏まりもとめどない駄文になってしまってる。
ま、でもたまにはいいか。

 

思いのままに書きましてすいません。

 

でも、本当、Theピーズ最高でした。
俺も、いつか、あの場所に立てるとしたら、、
そんな夢を持って明日も歌っていきます。

 

長文、駄文、お付き合い頂きありがとう。

 

FullSizeRender