松本かつひろオフィシャルホームページ

DIARY

2016.11.15「夏の終わりに」リリース

ダイアリー
ソロになって初のマキシシングル
「夏の終わりに」を今月末ようやくリリースすることができます。
 
前回の「人生はハッピーであるべきだ」から早1年。
 
こうやって新しい音源を無事リリースできるのも、
日頃から応援してくれてる皆さんのおかげと本当に感謝しています。
 
スタジオヒーコンの石橋さん。
アシスタントのまっちゃん。
 
サウンドアレンジは東京で活躍する鶴崎くん。
そして鶴崎くんを繋いでくれたAくん(なぜかイニシャルw)
 
いつも支えてくれる心強いサポートメンバー、
米倉雅紀さん(Pf)と郡奈津子ちゃん(Pf)
 
10数年ぶりに一緒にレコーディングしてくれた、
SO時代の初代ベーシスト安倍謙さん。
(俺的には安倍さんがベースを弾いてくれたことがひとしおに嬉しかったなぁ)

ジャケットイラストはこれまた10数年来の付き合いになるイラストレーター「bambi.ca」ちゃん。
 
女性ならではの繊細なタッチで、
イメージ通りの素敵なジャケットを描いてくれました。
 
ジャケット内面の写真は同郷の写真家、宮崎幸子ちゃん。
故郷唐津の海に浮かぶ最高の夕日を撮ってくれました。
 
また今回のCDはライブ会場でのみの限定販売となっています。
 
少し時間をおいてiTunesなどの配信リリースも行いますので、
そちらの方も是非チェックしてみてください!
 
怒涛のリリースツアーは12月1日の久留米からスタート。
全16箇所です。
 
多分、途中でヘロヘロになってる恐れアリ(笑)
 
でもみんながライブを聴きに来てくれたらきっと大丈夫!!!
ということでみなさん各ライブ会場でお待ちしています。
 
そして「夏の終わりに」を是非ともゲットしてくださいね。

何卒よろしくお願いします!
 
 
 

2016.10.27 収穫はあり。だ。

ダイアリー

あと何日かで11月。

今年もあと2ヶ月弱か。。
早いなぁ。

ふと振り返れば2016年でライブの総本数は約120本ほど。
(年末まで予定しているものや情報公開してないライブも含め)

この数、割とそんなもんかとも思うし、
いやいや結構頑張ったかも、、とも思う。

何よりそれだけの数、全国各地でライブができたのは、
そこに俺の音楽を応援してくれてる人が居たってこと。

それを忘れるべからず。
それは感謝以外の何モノでもない。

今年約8年ぶりの再会を果たした端山龍麿さん然り、
地に足をつけた音楽活動をしている全国のミュージシャン。

その仲間入りをしたい。
そこにほんの少しでも足を突っ込みたい。

そんな思いで今年は突っ走った。
でもまだ正直足りてないんよね、全然。

これまで自分のキャリアや対外的に身につけた実力を、
さもどうだ!と言わんばかりにひけらかすミュージシャンや、そういった類の人間を鬱陶しく思ってきたけど。

それは、俺自身がそういうキャリアや実力に、
たまらなく嫉妬していただけなんだよね。

だから悔しかっただけだし、
気にしてないふりをしていただけ。

そこに気づけただけでも、
収穫はあり。だ。

でもまだまだ収穫しないとね。

さぁ今年も最後まで気合で突っ走ろう。


2016.1.12「今年は諸々を諸々に。。」

ダイアリー

もういい感じに年も開けてますが、
2016年いかがお過ごしですか?

今年は僕にとってもまたひとつ大きな変化と成長を遂げるべく、
様々な仕掛けや企てに取り組んでいこうとおもっています。

おかげさまでアルバム「人生はハッピーであるべきだ」の売れ行きも好調で、
沢山の方に「松本かつひろ」の音楽を届ける事ができました。

もちろん、まだまだ沢山の方にこのCDを届けたいし、
もっともっと色んな場所でライブをしたいです。

そのためにはどうするか。。

それがリアルな目の前の課題であり、
何をおいてもやらねばならぬ事だと思ってます。

そして今年中に、新しいCDを作ることも考えています。
そのためには先ず、曲づくりに没頭しなければ。

あぁ、やらなきゃいけないことが、
めちゃくちゃあるではあーりませんか。

単純に嬉しーーい!!!

やはり今年もハッピーであるべきだ☆

2016年の松本かつひろも、
何卒よろしくお願い致します。